スマホが発するブルーライトが老眼を引き起こす

メンズ

ビジネスと私生活でスマホとパソコンを使いすぎている

職種に限らず年齢にも関係なく、スマホは手元に一台あれば、ゲームからビジネスまで何でも出来る素晴らしいツールです。しかし、その普及と共にスマホ老眼と呼ばれる、新たな言葉が生まれてしまいました。老眼と言えば、加齢に伴い徐々に目のピントを合わせる能力が低下し、小さな文字が読みづらくなる症状ですが、同じような症状がスマホを原因として広がっているのです。スマホは手に持って使うという性質上、目との距離がどうしても近くなってしまいます。手元にピントが合ったまま、長い時間を過ごすと水晶体が元に戻り難くなってしまい、顔を上げた時に視界がぼやけて見づらく感じる事があるのです。この症状は基本的に一時的なものですが、何度も繰り返していると症状が悪化する可能性が出て来ます。

男女

ブルーライトを軽減するメガネもある

通常、目で見た情報は角膜と水晶体によって適切にフィルタリングされて網膜、脳へと送られます。しかし、スマホやパソコンの画面から発せられるブルーライトは、角膜や水晶体のさらに奥にある網膜に直接届いてしまうので、目は大きなダメージを受けてしまうのです。長時間スマホを使った際に、目の奥が痛くなる人は、網膜が悲鳴を上げているのかも知れません。スマホ老眼を予防する為に有効なのがブルーライトメガネです。ブルーライトメガネには、ブルーライトを阻止する効果があるので、目の負担を軽減する事が期待出来ます。このメガネには幾つかの種類があり、ブルーライトのカット率が高くなるほど、レンズの色が黄色くなって行きます。仕事で使う場合には、若干カット率は低くなってしまいますが、透明なレンズのタイプがおすすめです。