スマホの光を放置すると恐ろしいことになる【老眼以外の病気】

女性

ブルーライトは目の奥まで届き網膜黄斑変性症を引き起こす

歩いている時でもスマホを使う人は少なくありませんが、そんなスマホも長時間使い続けることで、予想以上に目の健康を害してしまう恐れがあるのです。その原因は液晶画面から発せられる青白い光であり、これはブルーライトとも呼ばれ、人が認識できる可視光領域の中で特に短い波長を持ち、強力なエネルギーも備えています。ブルーライトが恐ろしいのは、水晶体や角膜といった部分で吸収されることがなく、網膜へそのまま到達してしまうことです。スマホを使い過ぎれば老眼に似た症状になることも近年話題ですが、ブルーライトによる健康被害は老眼どころの話ではなく、網膜黄斑変性症を招く点にあります。この病気は元々加齢による発症が一般的だったものが、今ではスマホなどの普及によって若年齢化が進んでいる傾向もあるのです。失明の原因としても知られている病気ですから、特に用がない時は液晶画面を見ないように心掛けることも大切だと言えます。

レディ

異変があれば早めに眼科に行く

手元の物が見えにくくなるなど、スマホ老眼なら分かりやすい自覚症状もありますが、黄斑変性症は、初期段階では症状を自覚しにくい側面もあります。そして、この病気の1番の特色は、視野の外側は正常に見えても、中央部分はグニャグニャと歪んで見えてしまうことです。さらに症状が進んで黄斑付近の網膜がダメージを受けますと、視野の中央部が黒っぽく暗点化することで視野が欠け、視力も次第に落ちていきます。さすがにここまで症状が進行すれば眼科医へ行かれるとは思われますが、できればそれ以前に診察を受けることが肝心です。そこで、連日スマホを頻繁に使われる場合は視力の低下など、どんな些細なことでも構いませんので、何か異変を感じた時は速やかに眼科医で受診してください。今では光干渉断層計という手軽な検査方法もあり、ほんの一瞬、機械で瞳を撮影するだけで黄斑部分の凹凸を詳細に調べられるため、それほど手間も掛かりません。早期発見できれば症状の進行を食い止める提案もしてもらえますから、早めに病院へ行くことを強くおすすめします。