有名な死因

薬と注射器

心筋梗塞は虚血性心疾患の一つで、心臓の筋肉細胞に酸素や栄養を送っている冠動脈血管に閉塞や狭窄などが起きて血流量が下がり心筋が虚血状態になり懐死してしまった状態をいいます。懐死の前段階を狭心症と云います。 我が国の心筋梗塞の発症数は魚食から肉食へ急速に変化し、西洋化が進んだことや高齢化によって増える傾向にあり、3大死因の一つになっています。 心筋梗塞の発症は早朝に多く、冬場に多発しています。その理由は寒暖の差が激しいため血圧に大きな変化をもたらし、心臓血管に多大な負担をかけるからです。 心筋梗塞を予防するには、塩分、糖分、脂肪分の摂りすぎに注意してバランスのよい食事をする。適度な運動をして肥満防止に努める。禁煙をする、喫煙は動脈硬化を早め、心筋梗塞になり易くなります。

心筋梗塞に罹患する人が増えています。生命が脅かされるケースも多々ありますから、心筋梗塞の予防に努めることはとても大事です。 もしも心筋梗塞を防ぎたいなら、生活習慣に気をつけましょう。血液がサラサラになるように、野菜や果物を摂取することをおすすめします。尚、調理をする時間が取れない場合は、サプリメントの服用が効果的です。 また、心筋梗塞の予防に欠かせないのは、定期的な健康診断です。予防医学に自信のある医療機関を検索して、健康診断を受けることはとても重要です。各医療機関のホームページには、心筋梗塞の検査に関する詳細が載っていますので、念入りにチェックすることが大事です。定期的に通院することも考えられますので、所在地も確認しましょう。